法規

法規

教育法規1-(3)「政治的行為」「政治的活動」「略式命令」「不起訴処分」「準則」「規定」

次の用語を、具体例を挙げて法的に説明せよ。 「政治的行為」「政治的活動」 「政治的行為」 【人事院規則14-7 6】【国家公務員法第102条第1項】 1 政治的目的のために職名、職権又はその他の公私の影響力を利用す...
法規

教育法規1-(3)「学校職員の休日」「週休日」「休業日」「成年被後見人」「被補佐人」「兼職」「兼業」

次の用語を、具体例を挙げて法的に説明せよ。 「学校職員の休日」「週休日」「休業日」 「学校職員の休日」 【学校職員の勤務時間、休暇等に関する法律第10条第1項】学校職員の休日は、国民の祝日に関する法律に規定する休日及び1...
法規

教育法規1-(3)「科する」「課する」「管理」「監督」「期間」「期限」「範囲」

次の用語を、具体例を挙げて法的に説明せよ。 「科する」「課する」 「科する」 刑罰、民事罰、団体規則的な罪をかける場合に用いる。法に照らして処断する。刑罰を負わせる。懲戒罰として免職、停職、減給、戒告などの処分にも「科す...
法規

教育法規1-(3)「少年」「児童」「年少者」「未成年者」「委任」「委嘱」「委託」「代理」「代行」「専決」「代決」

 次の用語を、具体例を挙げて法的に説明せよ。「少年」「児童」「年少者」「未成年者」 「少年」  二十歳に満たない者。【少年法第2条】  小学校就学の始期から満18歳に達するまでの者【児童福祉法第4条の3】 「児童」...
法規

教育法規1-(3)「及び」「並びに」「又は」「若しくは」「協議」「承認」

次の用語を、具体例を挙げて法的に説明せよ。 「及び」「並びに」 共に合併的な接続詞。「及び」:名詞相互をつなぎ、それらの指すものを一括して表す。「並びに」:2つの物事を並べ上げるのに用いる。「並びに」は大きな意味の合併的連結に...
法規

教育法規1-(3)「以下」「以上」「超える」「未満」「以前」「以後」「前」「後」「以降」「場合」「とき」「時」

 次の用語を、具体例を挙げて法的に説明せよ。 「以下」「以上」「超える」「未満」 「以下」、「以上」  「以下」は、ある基準よりも下のこと。「以上」はある基準よりも上のこと。どちらも基準点となる数量を含む。 (例)小学校...
法規

教育法規1-(2)「形式的効力の原理」「後方優先の原理」「特別法優先の原理」

 法解釈の基本として、次の事項を説明せよ。  日本における法体系は、憲法を頂点とした法体系であり、他に法律、政令、省令、条例、規則がある。それぞれの法が抵触・矛盾することなく法秩序の論理体系を維持する必要から、「所管事項の原理」「形...
法規

教育法規1-(1)「習慣法」「判例」「条理」「行政実例」

 成文法を補完するものとして、次のような不文法といわれるものがある。それぞれについて具体的に説明せよ。 習慣法  一定の範囲の人々の間で反復して行われるようになった行動様式などの習慣のうち、法として効力を有する不文法の1つ。 ...
法規

教育法規「学び方」

学び方に秘訣はありません、極意があるだけです  極意は、単純に教育法規にたくさん触れて、慣れることです。 具体的な学び方 「一覧」に示した内容を自ら調べ、まとめる。入手した過去問もすべて自分で調べる、まとめる。過去問の復...
法規

教育法規「一覧」

1 法体系 成文法を補完するものとして、不文法といわれるものがある。それぞれ説明せよ。①習慣法②判例③条理④行政実例法解釈の基本として、次の事項を説明せよ。①形式的効力の原理②後法優先の原理③特別法優先の原理次の用語を、具体例を...
タイトルとURLをコピーしました