手帳のことば

手帳のことば

式辞の骨子

生きがい 私の入学式式辞の骨子は「生きがい」です。それは、「人生意気に感ず」という思いからです。私が思う「生きがい」とは、量や数に置き換えることのできないその人だけのもの、生存理由です。 私は皆さんに幸せの扉を開く黄金のカギ...
手帳のことば

メモ・頷き・切り取り

成果を出す P・F・ドラッカーによれば、ビジネスの成功者は多数いるが、その気質や人格はバラバラであった。ただ唯一共通していたのは、成果を上げたという一点であったという。逆に言えば、どんな気質であれ、成果を出すことはできるということだ...
手帳のことば

橋をかける

そして最後にもう一つ、本への感謝をこめてつけ加えます。読書は、人生の全てが、決して単純ではないことを教えてくれました。私たちは、複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。人と人との関係においても。国と国との関係においても。 ...
手帳のことば

何のために「学ぶ」のか

「生きる力」 学習塾の目的は、「成績」の向上。学校教育の目的は、「生きる力」の育成。※「生きる力」とは、知・徳・体のバランスのとれた力のこと。 ※資料:確かな学力 (mext.go.jp) 平等な社会が個人に求めるもの ...
手帳のことば

学校経営を構想する

学校経営案の構想 子ども、保護者、地域、職員、教育委員会から信頼される学校経営をするには、過去、現在、未来をつなぐ学校の文化『学校物語』と『自らの教育観や具体策』を融合させた学校経営案の作成が必要であると考えた。 そこで、納得...
手帳のことば

教育基本法改定

原文に当たる 「原文に当たりなさい。」「要約されたものでは、本来の意図が伝わりにくい。」「法規、中央教育審議会答申、気になることば等できるかぎり原文で読みなさい。」「あわせて作成・改定された背景、その後の影響などを、すでに知っている...
手帳のことば

自信をもって管理職を目指せ

人間性の陶冶がすべてに優先する。人は人に揉まれて人になる。(教育は人なり)黒光りするほど日常を磨け。(研修の日常化)自分の立てる場所を深掘りしろ。(職場の活性化に一肌も二肌も脱ぐ)志ある仲間を増やせ。(管理職の仕事は組織づくり、仲間づくり...
手帳のことば

社会的構成主義

認知心理学という「学び方」を研究する学問には、「構成主義」という言葉がある。構成主義とは、学習者は、個人の感覚、経験、認識で物事を捉え、知識を組み立てていくので、指導者でも、学習者の理解を完全にコントロールすることはできないという立場をと...
手帳のことば

必ず原文に当たる

教育は国策 なので、学校経営を行うに当たっては、必ず国策の根本理解が不可欠となる。文科省、都道府県から、これからの学校教育の指針が示されているので、必ず原文に当たっておきたい。一部だけの資料や文章だけでは、前後のつながりに欠け、理解...
手帳のことば

選考の流れ

11月 次年度の管理職選考の日程に関する文書が、県教委から市町村教委に蒔かれる。 2月 「公立小・中学校等管理職候補者選考受考案内」が市町村教委より各校に発出される。 3月 校長より管理職選考に関する情報が教職員に周...
タイトルとURLをコピーしました